青ヶ島観光のおすすめ時期と日数!服装や費用も紹介!

いま注目を集めている観光スポットといえば「青ヶ島」。

 

伊豆諸島最南端に位置し、
テレビなどでも取り扱われることが多いスポットです。

 

そして、空前の大ヒットアニメ映画となった「君の名は。」の
舞台とされており映画公開以降、聖地としても注目を集めています。

 

そこで今回は青ヶ島観光について大特集!

おすすめの時期や日数、服装や費用など青ヶ島観光の基礎知識をご紹介します。

 

スポンサーリンク

そもそも青ヶ島とは

青ヶ島は2016年現在人口は168人で東京都でありながら日本一人口の少ない村としても有名。

 

世界的にも珍しい二重カルデラの光景や満天の星空が観光のメインとなっています。

 

特に星空はかなり綺麗でおすすめです。

その他にもクレーンで高架に留置された漁船の揚げ降ろしする三宝港や地熱を利用したサウナなど青ヶ島ならではの体験も観光地としての魅力を後押ししています。

 

ちなみにアニメ映画「君の名は。」で主人公のひとり「宮水三葉」の故郷として描かれている糸守町は岐阜県の飛騨地方の架空の街として描かれていますが、モデルとなった風景は「青ヶ島」とウワサされています。

 

青ヶ島への交通手段

東京の孤島「青ヶ島」。

飛行機や船での直行便は無く八丈島を経由して行くこととなります。

 

まずは、八丈島への移動ですが、飛行機の場合、羽田空港から1日3便出航しているANAによる便があり、八丈島空港まで約50分。

船の場合は竹芝客船ターミナルから東海汽船の橘丸に乗船し約11時間です。

 

八丈島から青ヶ島への移動方法はヘリコプターと船の2種類あります。

 

ヘリコプターの場合は、八丈島空港から青ヶ島ヘリポートまで約20分。

東邦航空株式会社「東京愛ランドシャトル」という名で毎日運航していますが、乗客店員9名のため早めの予約が必要です。

 

船の場合は八丈島から伊豆諸島開発の連絡船「あおがしま丸」に乗り換え約2時間30分の船旅となります。

なお天候不良による欠航もあるので、おでかけ前の天候には要注意です。

 

■ANA
・電話:0570-029-222(国内線予約・案内センター)
・HP:https://www.ana.co.jp/

■東邦航空株式会社
・電話:04996-2-5200(問合せ) 04996-2-5222(予約センター)
・HP:http://www.tohoair.co.jp/

■東海汽船
・電話:03-5472-9999
・HP:http://www.tokaikisen.co.jp/

■あおがしま丸
・04996-9-0033(案内ダイヤル)

 

おすすめ時期と日数

緯度は宮崎県とほぼ同じの青ヶ島。

1年を通じて10℃~25℃と温暖な気候です。

 

海水浴を楽しみたいのであれば、やはり夏場がおすすめです。

 

むしろ旅行には危険な季節があり、「春の嵐」や「秋口の台風」。

また冬の爆弾低気圧によって船やヘリコプターが欠航になる日もあります。

 

ただ、荒れた天候の日を避けることができれば1年中おすすめなので
天気予報と運行情報に最新の注意を払うのが一番のポイントだと思います。

 

ちなみに日数に関してはほとんどの旅行会社では2泊3日のツアーを組んでいます。

キャンプの上級者の方は1週間~10日間滞在される方も多いようです。

 

スポンサーリンク

青ヶ島観光に必要な服装

前述した通り宮崎県とほぼ同じ緯度の青ヶ島。

 

しかし島ならではの特徴が「湿度」です。

年間平均湿度は85%と高く、年間の降水量も東京と比べて2倍もあります。

 

気温に関しては黒潮の影響もあり、平均気温で1月でも9.5℃、8月で26.7℃と夏は涼しく冬は暖かいというのが特徴です。

 

そのため、夏場の旅行であればじめっとした湿度を避けるため「短パンTシャツ」がいいでしょう。

ただし雨風を凌ぐウィンドブレーカーは必須です。

 

冬場には概ね平均気温10℃で最低気温は約7℃です。

アウター」はもちろんのこと、寒がりであれば「マフラー」や「手袋」も必要です。

 

また強い西風が吹くのでやはり冬場でもウィンドブレーカーは必須です。

 

青ヶ島を満喫するための費用

青ヶ島を観光するための主な費用は交通費になります。

 

飛行機や船での費用は季節によって異なりますが、羽田空港から八丈島の便で安くて1万円~。

船の場合は片道の1等で15,650円。

最安値の2等で7,820円です。

 

次に八丈島から青ヶ島への費用ですが、ヘリコプターの場合11,530円。船は2等のみで2,480円です。

 

時間がたっぷりあって節約旅行をしたい方は往復最安値で7,820円+2,480円×2で20,600円となります。

 

なお船の運航では燃料油価格変動調整金が発生するため変動します。

 

ちなみに、宿泊費ですが、青ヶ島には6件の民宿があり(※そのうち1件は現在休業中)素泊まりなら4,000円~。

1泊3食付きで7,500円~が相場となっています。

 

青ヶ島には夕方より営業するの居酒屋はありますが、

食堂やレストランがないため、食事付きを選ぶ観光客がほとんどのようです。

もちろんコンビニもありません。

 

【まとめ】

アニメ映画「君の名は。」の大ヒットにより聖地巡礼として注目を浴びている「青ヶ島」。

 

のんびりとした時間は大都市東京とは真逆の世界です。

 

ちなみに、いまさらの注意点ですが、船の運航はたびたび欠航します。

特に八丈島~青ヶ島間の船便は週4日の1日1便のみ。

 

天候によっては1週間「青ヶ島から出られない!」なんてこともあります。

先々の天気予報に十分注意して楽しい青ヶ島観光を楽しんでください。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

【関連記事】

関東一人旅で自然を満喫できるおすすめ日帰りスポットを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です