嵐山花灯路2016の混雑予想とおすすめデートコースを紹介!

京都の初冬を告げる嵐山の花灯路は、例年12月の中旬くらいに行われます。

 

日本情緒豊かな路地行灯と、京都生け花協会による見事な大型の生け花作品で、灯と花の路を演出します。

 

ただ、嵐山は平日の日中でも大人気の観光スポットなので、イベントが開催される時は混雑が免れません。

 

まずは今年の嵐山・花灯路2016の混雑予想や混雑回避方法を調べて、なるべくスムーズかつ効率的に観光する方法を知っておきましょう。

そしてカップルでお出かけの恋人たちやご夫婦に、おすすめのデートコースも教えちゃいます!

 

2016年嵐山・花灯路開催日

2016年の嵐山・花灯路は12月9日(金)~12月18日(日)の10日間開催。
開催時間 17:00~20:30  ※雨天決行

スポンサーリンク

混雑予想と回避方法

12月の上旬と言えば残暑が厳しかった今年、まだひょっとしたら最終の紅葉が見れる可能性があります。

 

どこでもイベントの初日と週末は混雑しますが、今年の花灯路は最終の紅葉も合わせて見るために、かなりの混雑が予想されるのではないかと私なりに考えています。

 

平日に行ける方は当然平日がおすすめ。

週末しか予定が組むことができない方は16日(金)から最終日の18日(日)にされた方がよいのではないかと思います。

 

開催時間は17:00~20:30と3時間半という限られた時間なので、17:00前には到着して、夜間拝観していない名所を少し見て回っておくのもいいですね。

 

例えば天龍寺は夜間拝観がないので、早めに到着したら先に拝観されるといいですよ。

%e5%a4%a9%e9%be%8d%e5%af%ba4

この天龍寺の庭園はとってもおすすめです。

 

このイベントは雨天でも決行されるので、シトシト降るくらいの雨の日だったら混雑しないでしょうし、「雨の花灯路」も風情があっていいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

おすすめデートコース

ここからはおすすめデートコースを紹介したいと思います。

阪急嵐山駅から出発します。

法輪寺」→「渡月橋」→(長辻通を歩いて)「野宮神社」→「竹林の小道」→「大河内山荘庭園」→「二尊院

 

 

帰りは二尊院から無料ジャンボタクシーに乗ってJR嵯峨嵐山へ。

乗れなかった場合は我慢して歩きましょう。笑

 

 

 

法輪寺

法輪寺」の境内には電気と電波を守護する、一風変わった「電電宮」があります。

電気関係やパソコン関連の業界から厚い信仰を受けています。

 

こちらでは「microSDお守り」という珍しい御守りがあり、普通にmicroSD(容量2GB)として使うことができます。

 

普通の神社仏閣に興味がない人でも、こういうお寺だったら面白そうで行ってみたいと思うのではないでしょうか?

 

また花灯路開催時には「D-K LIVE in 嵐山」というイベントが開催されます。

 

光のアートD-K(デジタル掛け軸)という、約100万枚の抽象画を組み合わせた画像をプロジェクターで建築物に投影します。

 

その他日替わりの音楽ライブもありますので若いカップルは盛り上がりそうですね!

そして寒い夜にはホットアップルティーの振舞いが嬉しいです。

■法輪寺の詳しい情報はこちら
住所:京都市西京区嵐山虚空蔵山町
TEL:075-862-0013
拝観料金:無料

 

渡月橋

“嵐山と言えば渡月橋”というくらい嵐山を代表する観光スポット。

 

特に花灯路開催時にライトアップされる渡月橋は、橋の南にそびえる嵐山と桂川に写る橋の姿がとても幻想的で言葉にできないくらいです。

%e6%b8%a1%e6%9c%88%e6%a9%8b

ちなみに渡月橋の東側にある“レストラン嵐山”近辺の川沿いのベンチから写真を撮ると、全長155mのライトアップされた橋がきれいに撮れますよ!

 

野宮神社

カップルや夫婦で観光するなら、忘れてはならないのが「野宮神社」です。

%e9%87%8e%e5%ae%ae%e7%a5%9e%e7%a4%be

良縁、子宝、学問の神様が祀られており、パワースポットとして有名でもあります。

 

元々は天皇に代わって伊勢神宮の天照大神にお仕えする「斎王」が、伊勢に行く前に身を清めたとても神聖な場所です。

 

クヌギの木の皮を剝がさないままの“黒木鳥居”は日本最古のものと言われており、野宮神社の境内に邪気や悪霊が入らないように長い間神社を守り続けているそうです。

 

それほど神聖でスピリチュアルな場所であることがうかがえますね。

特に願い事達成のために“お亀石”をなでながら、熱心にお祈りをしている観光客が目立ちます。

 

このお亀石こそが野宮神社のパワースポットなので、お立ち寄りの際は必ずなでなでして願い事をしっかりしてきてくださいね!

なんでも1年以内に願い事が叶うとか・・・・。

本当かどうかを試してみましょう(笑)

■野宮神社
住所:京都市右京区嵯峨野宮町1
拝観料:無料

 

竹林の小径

嵯峨野には多くの竹林が広がっている場所がありますが、最も有名なのが大河内山荘から野宮神社へ向かう「竹林の小径」です。

 

天気のいい日中はまっすぐ伸びた竹の上から、まぶしい光がこぼれてきます。

kyoto-1229559_1280

 

 

また夜のライトアップされた竹林はまるで竹取物語のワンシーンを見ているかのように、幻想的な世界を醸し出しています。

 

カップルはこの場所が一番盛り上がること間違いなしですね!

私もここは一番好きな場所で、一人でも十分盛り上がります(笑)

 

大河内山荘庭園

竹林の小径を過ぎた高台にあるのが「大河内山荘庭園」です。

 

小道を歩いて巡ると嵐山保津川の清流が見えたり、比叡山京の町並みを眺めることができます。

 

さすが30年の年月をかけて創り上げた借景庭園というだけあって、見応え満点の庭園です。

 

紅葉の時期がおすすめなので、花灯路が始まってすぐくらいならまだ紅葉が見れるチャンスがあるかもしれませんね。

 

全部じっくり見て回ろうと思うと1時間はかかりますので、お時間があれば寄ってみてくださいね。

■大河内山荘庭園
住所:右京区嵯峨小倉山田淵山町8
TEL:075-872-2233
通常開園:9:00~17:00
夜間拝観:17:00~20:00(閉門)
拝観料:通常 大人1,000円、小人500円(お抹茶付き)
夜間拝観料:大人500円、小人500円

 

二尊院

二尊院」の総門から西へまっすぐ伸びる約200mの参道は、秋は嵐山でも特におすすめの紅葉のスポットで「紅葉の馬場」と呼ばれています。

%e4%ba%8c%e5%b0%8a%e5%af%ba

本堂前には昔龍女が遊んでいて解脱昇天したという伝説をもとに造られた「龍神遊行の庭園」と、本堂南に極楽浄土の世界を現したとされる石庭「寂光園」があります。

ステキな2つの庭園も忘れずにチェックしてくださいね。

そしてせっかく二尊院に来たのなら「しあわせの鐘」をついてみてはいかがでしょうか。

2人の幸せのために、そして世界中の人々の幸せのために・・・。

■二尊院
住所:京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
TEL:075-861-0687
通常拝観時間:9:00~16:30
夜間特別拝観:17:00~20:30(20:00受付終了)
拝観料:中学生以上500円、小学生以下は無料

 

【まとめ】

今回は嵐山2016の混雑予想とおすすめデートコースを紹介しました。

 

嵐山は町全体が観光のスポットといっても過言ではなく、見どころがたくさんあるので、混雑しているスポットはとばして次のスポットに進むのも一つの手ですよ。

どうぞ2人のいい思い出のデートになることをお祈りします。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

関西で冬に行きたい自然が魅力の観光スポット4選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です