広島の紅葉2016の穴場スポットと見頃の時期を紹介!

広島県にはイロハモミジやオオモミジが多く、紅葉時期の色づきがとても美しいのが特徴です。

 

市内に近い紅葉の名所は11月の上旬から11月下旬に見頃を迎えるところが多く、これから紅葉狩りに出かける方が多くなってきます。

 

そこで今回は広島の紅葉穴場スポットと各スポットの見頃の時期を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

観光スポット① 紅葉谷公園(宮島)

宮島の紅葉谷公園は宮島の桟橋から徒歩で約20分くらいの弥山原生林の麓にあります。

%e5%ae%ae%e5%b3%b6

紅葉谷の入り口にある“もみじ橋”前が一番の撮影スポットとなりますから、橋を渡るまでは込み合います。

でも渡ってしまえばピークの時期でも、そんなに込み合っているということはありません。

 

私も以前、紅葉がピークの時期に行きましたが橋を越えたら難なくスムーズに紅葉を見て回れました。

 

宮島のもみじまつりは大聖院が中心になるので、意外に紅葉谷は穴場になります。

 

特に雨上がりの午前中はゆっくり見て回れますよ。

 

紅葉谷の紅葉は毎年11月上旬くらいから色づき始めます。

 

今年は残暑が厳しかったので、12月初旬でもまだ見れる可能性がありますね。

 

混雑を避けたかったら、もみじ祭りが終わった11月下旬から12月の初旬に行ってみましょう。

宮島観光の車での行き方や駐車場は?モデルコースや所要時間も紹介

 

■宮島・紅葉谷の詳しい情報はこちら
紅葉見頃の時期:11月中旬~11月下旬
大聖院もみじ祭り:2016年11月19日(土)~11月27日(日)

公共交通機関でのアクセス 
JR広島駅→JR宮島口→フェリー→宮島桟橋→紅葉谷
JR広島駅→広電宮島口→フェリー→宮島桟橋→紅葉谷

車でのアクセス
関西方面:山陽自動車道「廿日市IC」→国道2号を九州方面へ約5km
九州方面:山陽自動車道「大野IC」→国道2号を関西方面へ約5km

 

観光スポット② 不動院(東区)

広島市内の閑静な住宅街に佇む「不動院」は14世紀中頃に足利尊氏が諸国に建てた安国寺の一つです。

 

境内には広島市内唯一の国宝の金堂をはじめ楼門、鐘楼(国指定重要文化財)や木造仁王立像二躯(県指定重要文化財)があります。

 

平成17年には広島の原爆投下時に旧陸軍東練兵場跡で被爆した敷石を、楼門から金堂までの参道約30mに敷く工事が完成しました。

 

広島の貴重な歴史遺産とも言えるこの参道を、紅葉を眺めながら歩くのも感慨深いですよ。

 

不動院の紅葉は11月初旬からどんどん色つきます。

 

紅葉祭りやライトアップなどもないので穴場中の穴場で、混雑がなくゆっくり紅葉を見るには一押しのスポットです!

%e7%b4%85%e8%91%899

拝観料は無料で時間も自由に出入りができますから、気軽に行ってみてくださいね。

 

■不動院の詳しい情報はこちら

紅葉見頃の時期:11月中旬~11月下旬

住所:広島市東区牛田新町3-4-9
TEL :082-221-6923
公共交通機関でのアクセス:JR広島駅→高陽方面行きバス「不動院前」下車→不動院(徒歩 約2分)
車でのアクセス:山陽自動車道ICから約20分

 

観光スポット③ 佛通寺(三原市)

日本屈指の禅道場として知られる臨済崇佛通寺派の大本山です。

 

佛通寺では紅葉が色付きはじめた頃から、ライトアップや特別拝観が行われます。

%e7%b4%85%e8%91%898

特別拝観の期間内は本堂と佛殿の拝観を行います。

 

他にも佛通寺の第2駐車場や高坂自然休養村で、軽く食事ができるお店が出たり物販が行われます。

 

佛通寺の第2駐車場では、飲食の他に土日祝は農産物店で大根や白菜などの冬野菜の販売や木工品、手芸品の販売も行われます。

 

今年は野菜がとても高いので、こんな機会に野菜が安く買えると嬉しいですね!

 

■佛通寺の詳しい情報はこちら
紅葉見頃の時期 11月上旬~11月下旬
ライトアップ期間 2016年11月3日(木)~11月30日(水)
ライトアップ時間 17:00~20:00

住所:広島県三原市高坂町許山22
拝観料:大人300円、学生(中学生以上)200円、小学生以下 無料
公共交通機関でのアクセス:JR山陽本線「三原駅」→市営バス「佛通寺行き」(約40分)→終点で下車
車でのアクセス:山陽自動車道「三原久井IC」→国道486号経由・県道50号を本郷方面へ約6km

 

観光スポット④  耕三寺(尾道市)

尾道の瀬戸田には、大阪の元実業家が母親の菩提寺として建立した「耕三寺」というお寺があります。

 

日本各地の国宝である古建築物を模して建てられた数々の堂塔は、本家本元よりゴージャスに創られていると話題になったことも!

 

重要文化財を含む美術品が収蔵された博物館が併設されていたり、なぜだかお寺の敷地内からエレベーターで上がると、広さ5,000平方メートルにも及ぶ「白い大理石の庭園」があります。

%e8%80%95%e4%b8%89%e5%af%ba

青い空と白い大理石の彫刻を見ていると、お寺に来たはずなのになぜかサントリーニ島にでもやって来た錯覚に陥ります(笑)

これは何としても晴天の日に行きたいですね!

 

こちらのお寺の紅葉は広島県内でも少し遅めの11月下旬から12月上旬に見頃を迎え、この時期はもみじまつりも開催されます。

 

紅葉見物に出遅れた方も、耕三寺に来ればまだまだきれいな紅葉が見れるということですね!

 

■耕三寺の詳しい情報はこちら

紅葉見頃の時期:11月下旬~12月上旬
ライトアップ期間:2016年11月19日(土)~12月4日(日)

住所:広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2
TEL:TEL 0854-27-0800
開館時間:9:00~17:00 (潮馨閣入館 10:00~16:00)
入館料:大人1,400円、シニア(65歳以上)1,200円、大学生1,000円、高校生800円、小・中学生以下 無料
潮馨閣入館料:大人、小人200円
公共交通機関でのアクセス:尾道駅前桟橋→「瀬戸田行き」高速船(約40分)→瀬戸田港→耕三寺(徒歩 約10分) 
車でのアクセス:「生口島IC」→耕三寺

 

【まとめ】

今回は広島県の紅葉穴場スポットと見頃の時期を紹介しました。

 

今年のように残暑が厳しい年の紅葉の色づきは、少し遅くなる可能性があるのでまだまだ紅葉狩りを楽しんでいただけそうですよ。

夜間拝観やライトアップにお出かけの際は、風邪をひかないように暖かい服装でお出かけくださいね!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

関西の紅葉で12月が見頃のスポット5選を紹介!

広島でクリスマスデートにおすすめのスポット5選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です