広島のスキー場で初心者や子供連れの家族におすすめのスポットを紹介

中国地方を代表するスノーエリアの広島。
道後山や恐羅漢山などには上質な雪質で愛されているスキー場も多くあります。

 

そこで今回は、初心者や子ども連れのご家族におすすめのスキー場・広島編をご紹介します。

 

キッズパークの充実したスキー場や滑った後に親子で温泉を楽しめるスキー場など4か所です。

スポンサーリンク

広島スキー場① お出かけ前にはホームページをチェック!ユートピアサイオト

造雪能力1420トンの人工造雪機があり

いつでも極上スノーが楽しめる「ユートピアサイオト」。

 

平均斜度7度、全長400mのファミリーゲレンデは初心者のみならず
小さなお子様連れの親子でも楽しく滑ることができます。

 

また、ファミリーゲレンデの横にはお子様向けのゲレンデ「キッズキングダム」というエリアがあり、スノーエスカレーターで何度もソリ遊びが楽しめます。

また週末にはスノーモービル試乗会、じゃんけん大会などのイベントが盛りだくさんです。

 

なおホームページにはファミリーやお子様向けの割引クーポンもあり!
お出かけ前には必ずチェックしましょう。

 

■ユートピアサイオトの詳しい情報はこちら
・住所:広島県山県郡北広島町才乙144
・電話:0826-35-1234
・交通:中国自動車道「戸河内IC」から約50分
・営業時間:平日8:00~18:00、土日祝7:00~19:00
・HP:http://www.saioto.co.jp

 

広島スキー場② 第1・3土曜日のこどもの日でお得に!ホワイトバレー松原

コース5本、リフト2基と比較的小規模なため、初心者や小さなお子様連れでも気兼ねなくスキーを楽しめる「ホワイトバレー松原」。

 

コースのひとつファミリーゲレンデは広々としており
ビギナーの方でも楽しくシュプールを描けます。

 

また、お子様連れのファミリーにも第1・3土曜日がおすすめ!
こどもの日になっており、小学生以下なら通常2,000円の一日リフト券が半額の1,000円です。

 

さらに、広島市街より約1時間とアクセスが便利なのも魅力です。

 

■ホワイトバレー松原の詳しい情報はこちら
・住所:広島県山県郡安芸太田町大字松原135-1
・電話:0826-29-0021
・交通:中国自動車道「戸河内IC」から約20分
・営業時間:8:00~17:00
・HP:http://white-va.com/

スポンサーリンク

広島スキー場③ 初心者にやさしいコース設定!大佐スキー場

スキー場全体のコース設定が、初級50%、中級30%、上級20%と初心者向けの「大佐スキー場」。

 

センターハウス前のゲレンデは横幅400mと超ワイド設定。
ビギナーの方でも安心して楽しめます。

 

また、お子様向けのエリアも充実。
スノーエスカレーター完備の「雪ん子パークぷらら」があります。

 

さらに、国道沿い駐車場から即ゲレンデという好立地も魅力です。

 

■大佐スキー場の詳しい情報はこちら
・住所:広島県山県郡北広島町荒神原38-31
・電話:0826-35-0038
・交通:中国自動車道「戸河内IC」から約30分
・営業時間:平日8:00~17:00、土8:00~21:00、日8:00~17:00
・HP:http://osaski.co.jp/

 

広島スキー場④ グルメと温泉が充実!女鹿平温泉めがひらスキー場

人工造雪機によるパウダースノーが魅力の「女鹿平温泉めがひらスキー場」。

 

標高1082mの女鹿平山山頂から一気に滑り下りる全長2300mのロングコースが最大の売り。
もちろん、ファミリーゲレンデやソリゲレンデもあり、小さなお子様連れや初心者でも楽しめます。

 

また食事処が7ヶ所あります。
本格和食やステーキからスキー場定番のカレーやラーメンなど豊富なメニューが揃っています。

 

さらに、スキー場には温泉施設も併設されており、水着で一緒に入れる「クアガーデン」もあります。

 

■女鹿平温泉めがひらスキー場の詳しい情報はこちら
・住所:広島県廿日市市吉和4301
・電話:0829-40-3000
・交通:中国自動車道「吉和IC」から約3分
・営業時間:平日8:00~17:00、土日祝8:00~18:00
・HP:http://megahira.co.jp/

 

【まとめ】

今回は中国地方の雄!広島県内の初心者や家族で楽しめるスキー場4つをご紹介しました。

 

  • お得なクーポンが魅力の「ユートピアサイオト」
  • 嬉しいこどもの日がある「ホワイトバレー松原」
  • 初心者向けの「大佐スキー場」。
  • グルメと温泉が充実の「女鹿平温泉めがひらスキー場」

 

中国エリアにお住まいの方は、ぜひこの記事を参考に、おでけかになってみてください♪

 

最後までご覧きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です