石垣島は冬でも海で泳げる?ダイビングや観光の楽しみ方も紹介!

台風のシーズンも終わり、本島より温かい石垣島は冬場こそ旅に出かけたい場所。

 

しかし、「冬の石垣島って何が出来るの?」「そもそも泳げるの?」と考えている方も多いと思います。

 

そこで今回は石垣島は冬でも泳げるのか?
ダイビングスポットや冬の石垣島観光の楽しみ方も紹介したいと思います。

スポンサーリンク

冬の石垣島は海で泳げる?

まず石垣島の冬の気温を紹介したいと思います。

 

石垣島の気温と水温

最高気温・・・12月22,7℃ 1月21,2℃  2月21,6℃

平均気温・・・12月20,1℃ 1月18,6℃  2月19,1℃

最低気温・・・12月18,0℃ 1月16,5℃  2月16,9℃

水温・・・・・12月22,0℃ 1月21,0℃  2月21,0℃

 

こうしてみると1年中泳げる気もしますね。

特に12月の日中は晴れたら“泳げるんじゃないかな?”と思えるほど暑い日があり、Tシャツにハーフパンツ姿という人もいます。

また紫外線も強いので帽子やサングラスなどの日焼け対策が必須なほどです。

 

しかし、石垣島の海水浴シーズンは10月末までです。

 

これは10月後半から北風が吹き始めるのが要因で
さすがの石垣島でも冬は水着だけでの海水浴や屋外プールは厳しいです。

 

海水浴は無理ですが、ダイビングシュノーケルといったマリンスポーツは楽しむことができます。

これらは年間を通してツアーが組まれており冬は穴場でおすすめだったりします。

 

ただ、海から上がったらかなりの寒さを感じます。

濡れた身体をしっかりタオルで拭き
ウィンドブレーカーなどを着用して風よけ対策が必要です。

 

ちなみにサーフィンも十分楽しむことが出来ます。

石垣島の夏場は台風の時以外は波が小さいのですが、冬は風が強いので毎日がサーフ天国となります。

なので石垣島でサーフィンをするなら冬場に限ります!!

 

石垣島のおすすめダイビングスポット

冬の石垣島ではダイビングが楽しめることがわかった上で
ここからは石垣島でおすすめのダイビングスポットを紹介したいと思います。

 

世界中のダイバーにとって憧れの海である石垣島は、ここ数年日本でのダイビング人気NO1の場所。

冬の石垣島の海は特に透明度が高く、満足すること間違いなしです。

 

ダイビングスポット① 石垣島中部「川平石崎マンタスクラブ」

川平湾を起点に石崎から浦底湾を網羅するようにポイントが点在しています。

 

ほとんどのポイントが近いので、初心者でも安心して潜れるポイントが多いです。

 

川平湾からボートで約10分走ると、高確率でマンタと遭遇できる石垣島NO1のポイント「川平石崎マンタスクラブ」があります。

 

マンタは1年中見ることができますが、トップシーズンは9月~11月なので冬の始まりに潜るとマンタに会えるかも!?

 

ダイビングスポット② 石垣島北部「伊原間」

石垣島の中でも北部は手付かずの自然がたっぷりと残るエリアです。

伊原間は世界屈指の美しいサンゴ礁と、インリーフとアウトリーフの両方が楽しめるポイントです。

 

インリーフとは静かで浅い内湾性の海、アウトリーフとはその反対で外海を指します。

 

アウトリーフではイソマグロバラクーダトビエイなどの大物に遭遇することもありますが私的にはインリーフをおすすめします。

 

透明度がひときわ高いインリーフではハナダイハゼクマノミなどのかわいい魚達の姿を見ることができます。

 

 

ダイビングスポット③ 石垣島南部「宮良トカキンの根」

宮良トカキンの根」は外洋に面したダイナミックなドロップオフポイントです。

ちなみにトカキンとは沖縄の方言でイソマグロのことです。

群れで見るとかなりの大迫力です!!

 

個人的にはウミガメもおすすめです。

 

優雅に泳ぐウミガメを間近で見るとなかなか癒やされます。

スポンサーリンク

冬の石垣島観光の楽しみ方

最後に「冬にマリンスポーツはちょっと…」という方向けにその他の石垣島観光の楽しみ方を紹介したいと思います。

 

石垣島にはマリンスポーツとはまた違う魅力的なスポットがたくさんあります。

 

千葉ロッテマリーンズキャンプ

毎年2月に行われるプロ野球春季キャンプ。

各球団が沖縄や宮崎など暖かい場所でトレーニングに励みます。

 

その中で「千葉ロッテマリーンズ」は2008年から石垣島をキャンプ地としており
石垣市中央運動公園野球場で3週間程度キャンプを実施しています。

 

飲食エリアなど周辺施設も充実しており野球以外の楽しみ方も出来ます。

本島にいるとなかなかキャンプの練習を見ることは出来ないのでこの機会に間近でご覧になってはいかがでしょうか。

 

※石垣島マリーンズボールパーク(石垣市中央運動公園野球場)
住所:沖縄県石垣市字登野城1408-1
開催時期:2017年の開催予定は未定 ※2016年は2月1日~2月19日(休日:5日、10日、15日)

 

石垣やいま村

石垣やいま村」は100年前の伝統的な八重山家屋を移築して作られた、日本最南端のテーマパークです。

 

リスザル飼育ゾーンでは、放し飼いにされているリスザルと触れ合うこともできます。

非常に人懐っこくてリスザルから近づいてきてくれます。
特に餌を持っている場合はかなり積極的です。笑

 

また沖縄名物サーターアンダギー作りやマングローブ散策体験など様々な体験イベント(要予約)があり小さな子供連れの家族におすすめしたいスポットです。

 

※石垣やいま村の詳しい情報はこちら 
住所:石垣市名蔵967-1
電話:0980-82-8797  
営業時間 : 9:00~17:30(最終受付17:00)、年中無休
サイトHP:http://www.yaimamura.com/wood.html

 

石垣島鍾乳洞

石垣島鍾乳洞」は日本最南端にある、サンゴ礁から生まれた神秘的な鍾乳洞です。

中は鍾乳石をライトアップでより幻想的に魅せており、なかなか見応えのある鍾乳洞です。

 

まるで迷路のように続いておりワクワク感もありました。

 

またトトロの形をした鍾乳石が人気を集めており写真スポットにおすすめです。

 

※石垣島鍾乳洞の詳しい情報はこちら 
住所:石垣市石垣1666
電話:0980-83-1550  
営業時間 : 9:00~18:30、年中無休
料金:大人1,050円、子供525円

 

【まとめ】

今回は冬の石垣島は海でも泳げるのか?、そして石垣島のダイビングスポットとその他の観光スポットを紹介しました。

 

ちなみに石垣島でとても寒く感じるのは1月末と2月初めの2週間です。

北風が吹くと予想されている気温と大きく外れ、かなり体感温度が低く感じられます。

この期間はフリースやニットの上に、ウィンドブレカーまたはダウンジャケットの重ね着をおすすめします。

冬の沖縄旅行に適した服装や持ち物!気温や気候も紹介!

 

シーズンオフは飛行機のチケットも格安に入手できますし、暑すぎずゆっくり観光しやすいとなれば冬の石垣島に行くしかありませんね!!

 

そして透明度の高い冬の海でのアクティビティと石垣島観光をぜひ楽しんで下さい。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です