関東の紅葉2016で12月が見頃の穴場スポットを紹介!

11月も終わりに近づき、いろんな紅葉の名所が紅葉狩りの観光客で賑わっています。

 

今年は残暑が厳しかったせいか、まだまだ色づき始めの場所も多いみたいですね。

 

ではいったい関東で12月でも紅葉が見られるスポットは何処なんでしょうか?

 

そこで今回は関東の紅葉で12月も楽しめる穴場スポットを紹介したいと思います。

今年まだ紅葉を見に行ってない方は必見です!

スポンサーリンク

関東の紅葉スポット① 「向島百花園」 東京

東京都内は他の地域にくらべ、12月に入って紅葉の見頃を迎える観光スポットが多いようです。

 

そんな中、「向島百花園」は江戸の一流文化人たちの手で造られた庶民的な趣のある下町の庭園。

 

11月の中旬くらいから向島百花園を代表する樹種ウメの紅葉が始まり、色づいてきた草木類が彩を添えていきます。

12月上旬にかけては、ハゼノキやモミジそしてイチョウも次々と色づいていきます。

12月の中旬くらいには全体的に見ごろになってくると思います。

%e7%b4%85%e8%91%89

 

ちなみに向島百花園では毎週土、日の午前11時と午後2時から無料の庭園ガイドがあります。

庭園の歴史や行事、季節ごとに見頃を迎える草花について、園内を散策しながら案内をしてくれます。

ガイドを聞きながら散策するとより園内の様子がわかって、草木の見方もちょっと変わってきますよ!

 

なお向島百花園には駐車場がないので公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

■向島百花園
住所:東京都墨田区向島3-18-3
TEL:03-3611-8705
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:年末年始(12月29日~1月3日まで)
入園料:一般150円、シルバー(65歳以上)70円
公共交通機関でのアクセス:
・東武スカイツリーライン「東向島」下車徒歩約8分
・京成電鉄押上線「京成曳舟」下車 徒歩約13分
・都営バス 亀戸-日暮理(里22)「百花園前」下車 徒歩約2~3分
車でのアクセス:首都高速6号向島線「向島IC」

 

関東の紅葉スポット②「亀山湖」 千葉

亀山湖」は千葉県最大のダム湖で、関東では一番遅くまで紅葉が見れる場所として有名。

%e4%ba%80%e5%b1%b1%e6%b9%96

 

紅葉は11月下旬に色づき始めたばかりで12月に入ってから見頃を迎える見込み。

 

亀山湖の最大の魅力はクルージングを楽しみながら、湖上から紅葉を眺めることができることです。

 

陸地からは見ることができない紅葉は広葉樹と針葉樹が自然のまま残されているため、赤黄緑と色とりどりの美しさで、まるでパッチワークを見ているようなんです。

 

天気のいい日はその紅葉が湖面に写り込み、また一味違った紅葉狩りを体験できます!

■亀山湖
場所:千葉県君津市川俣旧川俣8
TEL:0439-39-2535(君津市観光協会亀山支部)
公共交通機関でのアクセス:JR上総亀山駅から徒歩約5分
車でのアクセス:首都圏中央連絡自動車道「木更津東IC」→国道465号経由で約30分
駐車場:100台収容可能(無料)
亀山湖紅葉狩りクルーズ料金(約40分):大人1,200円、子供1,000円

 

関東の紅葉スポット③「黒山三滝」 埼玉

黒山三滝」は日本観光百選に選ばれた景勝地。

%e9%bb%92%e5%b1%b1%e4%b8%89%e6%bb%9d2

越辺川支流の三滝川に落ちる上下二段の男滝、女滝と下流の天狗滝の3つの滝の総称を指します。

 

今年の紅葉は例年より少し遅く、11月中旬はまだ色づき始めで12月に入って見頃を迎えます。

 

3つの滝を巡る遊歩道があり、1周30分の紅葉狩りを楽しむことができます。

流れ落ちる滝のシャワーに、紅葉したモミジが映えてとてもきれいですよ!

 

ちなみに滝にはストレス軽減効果のあるマイナスイオンがたっぷり。

%e9%bb%92%e5%b1%b1%e4%b8%89%e6%bb%9d

おもいっきりマイナスイオンを浴びてリフレッシュしてくださいね。

■黒山三滝
場所:埼玉県入間郡越生町大字黒山
TEL:049-292-3121(越生町産業観光課)
公共交通機関でのアクセス:東武越生駅またはJR越生駅→川越観光バス「黒山行き」約30分→終点「黒山バス停」下車 徒歩約15分
車でのアクセス:「鶴ヶ島IC」から約18km、「坂戸西スマートIC」から約18km
駐車場:20台収容可能

スポンサーリンク

関東の紅葉スポット④「万葉公園」 神奈川

万葉公園」は湯河原温泉街の中心にある千歳川沿いの緑地公園。

 

湯河原の紅葉は大観山や奥湯河原から徐々に色づき始め、11月下旬が見頃の時期。

しかし、紅葉は大観山や奥湯河原より少し遅く、まだ色づき始めたばかりで12月に入ってから見頃を迎えます。

 

茅葺屋根の万葉亭や、川のせせらぎを聞きながらの散策を楽しむことができます。

 

私のおすすめは、園内にある「独歩の湯」という足湯につかりながらの紅葉鑑賞です。

自然の中でのリラクゼーション効果を体験しながら、何とも贅沢な時間を過ごすことができるんです。

紅葉と足湯で是非日頃のストレスを癒やして下さい。

■万葉公園
場所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566
TEL:0465-64-1234(湯河原温泉観光協会)
入場料:無料
公共交通機関でのアクセス:JR湯河原駅→「奥湯河原行きバス」または「不動滝行きバス」(約10分)→「落合橋」下車すぐ
車でのアクセス:西湘バイパス「石橋IC」→真鶴道路経由 約18km→万葉公園
駐車場:湯河原観光会館駐車場利用 17台収容 1時間100円

 

関東の紅葉スポット⑤「西蓮寺 大銀杏」 茨木

西連寺には樹齢1,000年以上とされる2本の大銀杏の大木があり、茨木県の天然記念物に指定されています。

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a62

このイチョウの紅葉(というか黄葉ですね)は色づきが進んでいる最中で、12月に入ってから見頃を迎えます。

見頃を迎えたイチョウの葉は黄金色に染まり、落ち葉で境内は絨毯を敷き詰められたようになります。

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a63

あたり一面が黄葉一色になるのも眩くてきれいですよ!

■西蓮寺
住所:茨木県行方市西連寺504
TEL:0299-55-1221(行方市観光協会)
公共交通機関でのアクセス:
・JR石岡駅→関鉄グリーンバス「玉造駅」下車→タクシーで約10分
・JR土浦駅→霞ヶ浦広域バス「道の駅たまつくり」下車→タクシーで約10分
車でのアクセス
・「土浦北IC」→国道355号経由 約50分
・「潮来IC」→国道355号経由 約40分
駐車場:100台収容 無料

 

【まとめ】

今回は関東の紅葉で12月でも楽しめるおすすめスポットを紹介しました。

 

  • 下町の庭園「向島百花園」
  • クルージングも楽しめる「亀山湖」
  • マイナスイオンたっぷり「黒山三滝」
  • 足湯を浸かりながら紅葉鑑賞が出来る「万葉公園」
  • 銀杏が魅力の「西蓮寺」

 

関東でもいろんな紅葉の楽しみ方があり、ただ紅葉狩りをするだけではもったいないですね!

マイナスイオンたっぷりの自然の中を散策したり、紅葉狩りクルージングを楽しんだり、近場の温泉施設で冷えた身体を温めたり…。
それぞれの楽しみ方を十分に味わってくださいね!!

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

高尾山の紅葉狩りに適した服装とおすすめコースを紹介!

【クリスマス2016】関東でおすすめのイルミネーションスポット10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です