唐戸市場周辺のおすすめ観光スポット4選を紹介!

下関の人気スポットといえば「唐戸市場」。

 

関門の台所としておいしいフグやタイ、握り寿司などを堪能することが出来ます。

 

「唐戸市場には行くけど、周辺には他にどんな観光スポットがあるの?」

と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、唐戸市場周辺のおすすめ観光スポットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おすすめスポット① 「角島大橋」

下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる、長さ1,780mの橋が「角島大橋」です。

%e8%a7%92%e5%b3%b6%e5%a4%a7%e6%a9%8b2

角島は沖縄の海にも負けないコバルトブルーの海が広がる、西長門海岸地域の景勝地となっています。

 

実は私が初めて主人にデートに誘われて、ドライブがてら行ったのが角島なんですよ。

 

なんて目の覚めるようなブルーのきれいな海なんだろう!!と感動したものです。

 

橋はただまっすぐなだけでなく、少し湾曲した部分やアップダウンしたところがあり、ドライブするにはもってこいです。

 

角島に到着してからも角島灯台などの観光スポットがあります。

 

絶景ポイントは海士ヶ瀬公園から眺める角島大橋です。

%e8%a7%92%e5%b3%b6%e5%a4%a7%e6%a9%8b

青い海に伸びる角島大橋・・・ステキな写真が撮れること間違いなしです!

 

唐戸市場からは少し距離があるので車で行ける方におすすめですが、下関を訪れたら是非行きたいスポットです。

 

おすすめスポット② 「長府庭園」

歴史に興味のある方におすすめのスポットを紹介します。

 

城下町長府は下関の東部にある武家屋敷や文化財が残された町並みです。

 

幕末に多くの志士を輩出した土地でもあり、幕末志士の中でも特に大人気の高杉晋作のファンにはたまらない場所です。

 

国宝でもある高杉晋作ゆかりの寺“功山寺”があるのも、こちら城下町長府のエリア内です。

 

城下町長府の中でも私が特におすすめしたいのが、下関市立美術館の近くにある毛利家長府藩の家老格、西運長の屋敷跡の“長府庭園”です。

 

春は桜、初夏は花菖蒲、夏は孫文漣、秋は紅葉と、四季折々の花や緑であふれる廻遊式日本庭園はとてもみごとです。

 

7月から8月にかけて咲く孫文漣を一目見ようと訪れる観光客も多いです。

%e5%ad%ab%e6%96%87%e8%93%ae

孫文漣は夜明けと共に咲き始め早朝に満開になり、花弁は11時頃には閉じてしまいます。

 

限られた時間にしか見ることのできない孫文漣の開花は、早い時間に行って鑑賞してくださいね。

 

■長府庭園
住所:下関市長府黒門東町8-11(唐戸市場から約5,7km)
TEL: 083-246-4120
開園時間:9:00~17:00(最終入園16:40)
入園料:大人200円、小中学生100円
公共交通機関でのアクセス:「JR下関駅」からバス(国道線バス)で約20分→「市立美術館前」下車 徒歩約1分
車でのアクセス:下関IC→国道9号線経由で約20分
HP:http://s-kanrikousha.com/teientop.html

スポンサーリンク

おすすめスポット③「海響館」

関門海峡の潮流を再現した水槽や、常時100種類以上のフグ仲間の展示をはじめとする、下関ならではのいろんな見どころのある「海響館」は、ファミリーに大人気の観光スポットです。

 

日本最大級のペンギン展示施設ペンギン村での「ペンギン大編隊」というイベントは、水中を飛ぶように泳ぐペンギンたちがとてもすばしっこくて、見ている子供たちは大はしゃぎです!

%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%83%b3

関門海峡をバックにイルカとアシカが共演する「アクアシアター」やスナメリのバブルリングなど見どころが満載です。

%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ab

私もついついこのようなイベントには興奮してしまいます。

またこの海響館では日本唯一シロナガスクジラの全身骨格標本の展示が見れるのもおすすめしたい点です!

■海響館
住所:下関市あるかぽーと6-1(唐戸市場から約390m)
TEL:083-228-1100
営業時間:9:30~17:30(最終入館17:00)、年中無休
入館料:高校生以上2,000円、小・中学生900円、3歳~幼児400円
公共交通機関でのアクセス:「JR下関駅」→サンデン交通バス(唐戸・長府・山の田方面行)約7分→「海響館前」下車 徒歩約3分
車でのアクセス:中国道「下関IC」→県道57号経由 約4km→海響館
HP:http://www.kaikyokan.com/

 

おすすめスポット④「川棚温泉・瓦そばたかせ」

川棚温泉は静かな山里の温泉。

そんな温泉地にある「元祖瓦そばたかせ」がおすすめです。

 

川棚発祥の瓦そばを知らない方は、結構いらっしゃるのではないかと思います。

熱~く熱した瓦の上に、茶そばと金糸卵、牛肉、海苔、レモンなどの具材をのせた料理で、もみじおろしやネギを入れた特製のつゆにつけて食べます。

%e7%93%a6%e3%81%9d%e3%81%b0

川棚の名物料理で、他県からも瓦そばたかせ本館の瓦そばを食べにやってくる観光客が大勢います。

 

唐戸市場に近い場所にも瓦そばのお店があるのですが、あえて川棚温泉にある本館を紹介するにはわけがあります。

 

川棚本館は「元祖瓦そばたかせ」が始まった場所でもあり、築約100年の建物を当時の古風な面影を残したまま改装しています。

店の廊下や中庭ひとつ取っても歴史を感じさせ、その佇まいの中で食べる瓦そばこそが元祖たる所以です。

 

瓦そばたかせの店舗は全部で6店舗ありますが、その中で川棚にあるのが4店舗です。

 

本館の土日祝はオープン前からお客様が長蛇の列をなしているので、食べ始めるまで時間がかかることもありますが、すぐ近くに川棚南本館があります。

 

こちらは団体客の受け入れもできるくらいの広さになっているので、もし時間の余裕がないようでしたら南本館に行かれた方がいいです。

お土産物も充実しています。

 

さらに今年2月に新しくオープンした“龍宮庵”には源泉掛け流しのお風呂もあり、またひとつ新しい瓦そばたかせの魅力あふれたスポットを楽しむことができます。

 

■瓦そばたかせ川棚本館
住所:下関市豊浦町大字川棚5437(唐戸市場から約20km)
TEL:083-772-2680
本館営業時間:11:00~20:00
定休日:毎週木・金曜日(祝日は営業)
南本館営業時間 11:00~15:00、定休日なし
HP:http://www.kawarasoba.jp/

 

その他、唐戸市場の周辺には

%e6%b5%b7%e5%b3%a1%e3%82%86%e3%82%81%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc

海峡ゆめタワーや

%e8%b5%a4%e9%96%93%e7%a5%9e%e5%ae%ae

赤間神宮など。
約1km程度の場所でもいろいろな観光スポットがあります。

 

【まとめ】

今回は唐戸市場周辺のおすすめ観光スポットを紹介しました。

  • 角島大橋
  • 長府庭園
  • 海響館
  • 瓦そばたかせ

 

観光スポットが周辺に固まっているために、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの連休の時は前の道路がかなりの渋滞になります。

 

唐戸市場の中も休日はすごい人でごった返すので、周辺の観光地がわかっていれば行く順序を考えながらスムーズに観光することができますよ!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

倉敷美観地区の安い駐車場とおすすめ観光スポットを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です