なばなの里の混雑状況と回避方法!イルミネーションの期間も紹介

イルミネーションスポットとして高い人気を誇る「なばなの里」。

 

フラワガーデンとしても有名で1年中何かしらの花が見ごろを迎えるため、
どのの時期に訪れても観光客を飽きさせることがありません。

 

そんな日本最大規模と言われる“なばなの里イルミネーション”は訪れる観光客も年々増加しており、ナガシマリゾートに向かう交通渋滞も予想以上です。

 

ではどうすればなるべく交通渋滞に巻き込まれず、混雑を避けることができるのか?

そこで今回はなばなの里の混雑予想とおすすめ回避方法を大特集!

2016~17年のイルミネーション期間と見どころも紹介します。

スポンサーリンク

なばなの里(2016-2017)のイルミネーション期間と見どころ

2016-2017シーズンは「2016年10月15日(土)~2017年5月7日(日)」まで なばなの里・イルミネーションが開催されます。

 

台風シーズンも終わり比較的安定した気候となる桑名地方の長島は、冬場は冷え込みますが、冷え込んだ時こそがイルミネーションがきれいに見える最高の時期です。

 

特になばなの里は世界一美しいイルミネーションと言われ、世界最高峰の輝きがそこにあります。

 

今年は「大地」がテーマで幅約155mのスクリーンに大パノラマのイルミネーションが映し出されます。

  • 米国モニュメントバレーの秘境
  • 南極大陸の神秘的な氷河
  • オーロラ、アフリカ大陸の壮大なサバンナの風景
  • ユーラシア大陸のプリトヴヴィツェ湖群国立公園のエメラルドグリンの滝や湖が織りなす情景
  • 日本を代表する懐かしい棚田の風景

の5つが映し出されます。

 

なばなの里の混雑状況

なばなの里に限らずナガシマリゾートは土曜日や連休の初日、
ゴールデンウィークなどは当たり前に混雑します。

 

もちろんクリスマスや一番盛り上がる年末のカウントダウンの混雑は免れません。

 

大晦日もなばなの里は21:00まで営業しているので、
イルミネーションを見てナガシマのカウントダウンに移動する方がほとんどです。

 

なばなの里イルミネーションに関しての時間帯別混雑状況は、
15:00くらいからどんどん来園者が増えてきて土日祝、平日とも点灯時間の「17:00~20:00くらいまでがピーク」となります。

平日も団体のツアー客がたくさんいるからです。

比較的人が少なくなる時間帯は、日帰りの観光客がぼちぼち帰りだす20:00以降となります。

 

なばなの里がいつ混雑しているのかを調べる方法があります。

なばなの里の無料駐車場は3000台の車が収容可能ですが、混雑次第では臨時の無料駐車場が2700台分増設されています。

さらに混雑する日はナガシマスパーランドの駐車場13000台分が臨時の駐車場となり、無料のシャトルバスがなばなの里まで運行されます。

 

この無料パーク&無料バスライドが実施される日が、いわゆる混雑の日なわけです。

 

混雑が予想される特定日の15:00~19:00まで受付ています。

帰りは営業終了時間までシャトルバスが運行されます。

 

実施日運行状況がこちらから確認できます。

http://www1.nagashima-onsen.co.jp/m/nabana/park_ride.php

 

ちなみに実施日には湾岸長島IC出口の看板にて告知、誘導があります。

スポンサーリンク

混雑回避方法

ここからは私の一押し混雑回避方法をお教えします!!

 

回避方法① 日帰り来園の方は前売り券の購入を!

車で日帰り来園の方は、事前にチケットの前売り券を購入していた方がいいです。

混雑するチケットブースでの引き換え不要でそのままゲートを通過することができるので、チケット購入のための並ぶ手間が省けて時間の節約になります。

 

チケットの前売り券はセブンイレブン、サークルKサンクス、ファミリーマート、湾岸長島パーキングエリア(上下線とも)で購入できます。
※前売り券は当日購入して当日利用ができます。

 

日帰りの方はなばなの里の見どころである“ベゴニアガーデン”などを早めに鑑賞して、イルミネーションも始まりと同時くらいに見て回りましょう。

そして19:00くらいには駐車場を出発するようにすれば、渋滞を免れる可能性が高いです。

 

 

回避方法② 雨の日のイルミネーション鑑賞

イルミネーションが一番きれいに見える日は?
以外にも雨の日なんです。

 

雨の日は水たまりなどの濡れた地面にイルミネーションの光が反射して、より一層幻想的に見えるのです。

 

雨が降ったからと言ってがっかりすることはありません。

特に雨の日の光のトンネルはすごくきれいで感動しますよ!

%e3%81%aa%e3%81%b0%e3%81%aa%e3%81%ae%e9%87%8c1

 

回避方法③ 20:00以降のイルミネーション鑑賞

イルミネーションが22:00までの時間延長期間は
20:00以降にイルミネーションを楽しむのがおすすめです。

 

近場には「ナガシマスパーランド」など日中楽しめるスポットがありますし、
なばなの里内にもイルミネーション以外の楽しみがあります。

 

その中で私がおすすめしたいのが「ベゴニアガーデン」と「アイランド富士」です。

 

ベゴニアガーデン」は年中満開のベゴニアをはじめ、
世界各国から集めた数百種類の花を常時栽培・展示している見応えあるガーデンです。

このガーデンには2006年5月に新名所として“バラ園”が登場しました。

5500㎡の敷地に世界中のバラが咲いています。

英国風のレンガ造りの造園もあり、自然岩に誘引した見事なバラを見ることができます。

 

アイランド富士」は地上45m上空から360°パノラマ展望ができます。

なばなの里の広い庭園の他にも揖斐長良川、名古屋方面のツインタワー、伊勢湾セントレア、北アルプスの壮大な山々までが一望できます。

夜はイルミネーションの鑑賞もできるので大人気です。

小さな子供さんやお年寄りを連れた家族は、広い庭園を歩いて回るのは大変なので、ぜひこのアイランド富士を利用してみてください。

晴れた日は最高に眺めが良くて、私の絶対のおすすめです!!

 

 

またナガシマリゾートのオフィシャルホテルに宿泊する方は
早めにホテルの受付を済ませておくのが良いと思います。

 

美味しいホテルの食事の後にイルミネーションを鑑賞して歩くのが、私としては一番のおすすめです。

食後の運動にもなりますし、混雑の少ない時間にイルミネーションを隅々まで楽しむことができますよ。

 

入浴されてもいいですが、冬のイルミネーションの時間帯は冷えますので入浴後に風邪をひく可能性があるので要注意です!

 

なばなの里のチケットは当日のみではなくて翌日も利用ができるので、
イルミネーション以外の見どころは翌日の人が少ない午前中に観光されてもいいですね。

 

【まとめ】

今回はなばなの里のイルミネーション期間と混雑予想、回避方法を紹介しました。

 

イルミネーション期間

  • 2016年10月15日(土)~2017年5月7日(日)

混雑回避方法

  • 前売り券の購入
  • 雨の日に鑑賞
  • 夜8時以降に鑑賞

 

なばなの里のは毎年イルミネーションも工夫を凝らしいろんなテーマで開催されるので、
年に1度のお楽しみとして来園されるのもいいですね。

渋滞や混雑を避けて、素晴らしいイルミネーション鑑賞の時間をお過ごしください。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

【関連記事】

関西で日帰りデートにおすすめの自然スポットを紹介!

江ノ島観光でおすすめの時期と所要時間や人気スポットを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です